臨床ファンタジスタ

記事一覧(111)

697581

扁鵲(秦越人)と難経稀代の名医、扁鵲(秦越人)は、『難経』にて、命門は生気の原であると、医道の奥旨に達しています。そして、その盛衰を三焦で捉え、五臓を原とする主たる変動経絡の虚実を弁え、補瀉調整し、生命力の強化をはかることを鍼灸治療の本道としました。これを為さんがために編み出されたのが、六十九難、七十五難、八十一難の治療法則であり、この千古不滅の大原則が、脉作りの臨床を可能たらしめます。◆六十九難曰.經言.虚者補之.實者瀉之.不虚不實以經取之.何謂也.然.虚者補其母.實者瀉其子.當先補之.然後瀉之.不實不虚.以經取之者.是正經自生病.不中他邪也.當自取其經.故言以經取之.◆七十五難曰.經言.東方實.西方虚.瀉南方.補北方.何謂也.然.金木水火土.當更相平.東方木也.西方金也.木欲實.金當平之.火欲實.水當平之.土欲實.木當平之.金欲實.火當平之.水欲實.土當平之. 東方肝也.則知肝實.西方肺也.則知肺虚. 瀉南方火.補北方水.南方火.火者木之子也.北方水.水者木之母也. 水勝火.子能令母實.母能令子虚.故瀉火補水.欲令金不得平木也.經曰.不能治其虚.何問其餘.此之謂也.◆八十一難曰.經言.無實實虚虚.損不足而益有餘.是寸口脉耶.將病自有虚實耶.其損益奈何.然.是病非謂寸口脉也.謂病自有虚實也.假令肝實而肺虚.肝者木也.肺者金也.金木當更相平.當知金平木.假令肺實而肝虚微少氣.用鍼不補其肝.而反重實其肺.故曰實實虚虚.損不足而益有餘.此者中工之所害也.以下に基本脉型を記します。

経絡治療からみた浮腫みの治療と病因病理

症例☑患者 母親。☑主訴 足の浮腫み。☑現病歴 昨日から歩き過ぎたのか膝から下が浮腫んでだるくて痛い。☑足首を周径すると、右23.8㎝左23.5。☑脉状診 浮いて広がっている。☑経絡腹診 脾心虚、肝腎実、肺平。☑奇経腹診 陰蹻脉、陽蹻脉。☑比較脉診 脾心虚、肝腎実、肺平☑証決定 脾虚証。☑適応側 女性であること、病症に偏りがないこと、天枢診により右側とした。☑本治法 右水泉を補う→右陰陵泉を補う→右曲沢を補う→胃経に浮いた虚性の邪を切経して最も邪が客している左豊隆から枯に応ずる補中の瀉法→左水泉を補う。✅効果判定 浮いて広がっていた脉が引き締まる。足に弾力性が出る。足首の周径、右23.6左23.3。☑補助療法 宮脇奇経治療。左照海-右列缺、右申脈-左後谿に主穴に10壮従穴に6壮で無熱灸。✅効果判定 足首の周径、右23.3左23.0。☑経過 だる痛みが和らぐ。☑考察 歩きすぎたということを鵜呑みにするならば、久しく行けば筋を傷るで肝か、四肢を主る脾の変動である。僕が尊敬するSekiKenji先生は、多紀元堅(江戸時代末期の幕府医官。幕府医学館考証派を代表する漢方医。)は、肝は罷極の本を四極(四肢)の本だという解釈を述べていると教えてくれました。脾が主になるか肝が主になるかは、四診を総合的に判断していきます。今回は脾虚本証で上手くいきました。良くなってよかったです。オカンいつもありがとう。浮腫みの病因病理脾の変動摂取した水分は胃に納まり、消化されます。身体にとって必要な水分と不必要な水分に泌別されます。前者を「清」、後者を「濁」とします。清は「津液」となってあらゆる細胞・組織・器官・臓腑経絡・四肢・百骸を潤し養い活動力を与えます。濁は汗や小便となって体外に排泄されます。この循環をスムーズに行う働きを「脾臓」とします。脾臓が失調すると、水液の運化が滞ります。流れているうちは津液として全身を巡りますが、滞ると「湿」と名を変えます。生気を蝕む病理産物ですから「湿邪」とします。また湿邪は蒸されると「痰」を形成しますので合わせて「湿痰」とします。脾が失調すると湿痰によって浮腫みます。