臨床ファンタジスタ

記事一覧(98)

急性腰痛(ギックリ腰)の経絡治療

症例☑患者 60歳代女性。☑主訴 急性腰痛(ギックリ腰)。☑現病歴 今朝起きた時から痛い。右の腰臀部に限局している。☑理学検査 ①ラセーグ左足に比べて右足が挙がらない。その差10㎝。②後屈と側屈と回旋で痛みが増悪。☑脉状診 浮、数、実。 ☑比較脉診 肝腎虚、肺脾実、心平。☑経絡腹診 肝腎虚、肺脾実、心平。☑奇経腹診 陽維脉と陰蹻脉に反応が出ているので、右外関-右臨泣と左照海-右列缺に奇経テスターを貼付して制限のある動作をしてもらうと後屈と側屈と回旋時の痛みが軽減する。ここでは確認だけで治療はしない。☑証決定 肝虚証。☑適応側 天枢診にて左。患者の脉を診ながら空いている手の労宮を左右の天枢に当てまたは翳し脉状が良くなる方を適応側とする。誤診を防ぐため患部の変化も診ると的中率が上がる。例えば本症例では主訴が腰痛なので腰の硬さを捉えて天枢を触って弛む方が正しい。変化が分からなければ、基本通り男は左女は右、病症に偏りがあれば健康側を取る。☑本治法 左中封、左復溜に補法。右上巨虚に弦実に応ずる瀉法。(※マニュアル通りにやるのではなく一鍼毎に検脉しながら必要な経絡に鍼を入れる)☑効果判定 右足が挙がるようになりラセーグ左右差がなくなる。後屈と側屈と回旋時の痛みも軽減するがまだもう少し残るというので、☑標治法 ①右脊中と腰陽関に深瀉浅補。→効果判定 後屈がさらに楽になる。②右股関節横紋外端の反応に深瀉浅補。→効果判定 側屈と回旋がさらに楽になる。☑セルフケア 仕事の都合で1週間後しか来れないとのことなので、治療前に症状が軽減するのを確認しておいた奇経に自宅で金銀粒を貼るように指示して治療を終える。ギックリ腰の病因病理結果として仙腸関節の亜脱臼です。なぜここが亜脱臼するのかが問題です。その病因はストレスです。専門的には七情の乱れです。特に「怒」が関係します。怒は肝を傷ります。肝は筋(筋膜・靭帯・腱)を主るので、変動すると筋がやられます。また、仙腸関節には沢田流小腸兪があります。肝が変動すると子午陰陽関係にある小腸に影響し、小腸の兪穴である小腸兪が脆弱します。肝が旺気する起床時や何かのきっかけで仙腸関節が亜脱臼します。肝風内動で小腸兪が動揺したとも言えます。また経絡治療では、陰経を整脉力豊かに補えると体内に潜んでいた邪が所定の経絡に浮いてきます。多くは主訴に関連する陽経に浮いてきてこれを脉状と触覚所見を捉えて的確に処置すれば症状がスッキリと取れますが、通常腰痛の場合であれば、膀胱経や胆経に浮いてきそうなものですが本症例では胃経に出ています。飽食の時代の特徴です。脾胃に負担がかかっていて、出るべき経に邪が出ないことが多いです。これも肝鬱があるために食べ過ぎるのです。食べることでストレスを発散しています。脾胃の変動が多いわけです。特に脾実は湿痰を形成し癌などに発展していくので見過ごしては行けません。