経絡治療 Meridian Therapy

経絡治療とは

五臓を原とする主たる変動経絡の虚実を弁え、補瀉調整し生命力を強化する隋証療法。

東洋医学の病理観と経絡治療の定義

私たちの体は気血によって出来ています。

この気血は経絡によって全身に巡り、あらゆる細胞・組織・器官を養い、活動力を与えるエネルギーです。

経絡の外を気が内を血が流れていますが、この経絡の内外を流れる気血が過不足なく全身を巡れば、生命力(自然治癒力・免疫)に溢れ、病気になることなく元気に生活を送ることができます。

心身共にこのような状態にあることを健康とします。

すなわち、病気とは、経絡の内外を流れる気血に過不足(これを虚実とします)が生じ、生命力が低下した状態をさし、これが全ての病の根本的な原因です。

この東洋医学の病理観に基づき患者を診ていきます。

そして「病を治するには本を求む」という治療原則に従い、最も気血の虚実が生じている経絡を主たる変動経絡とし、東洋医学独自の診察診断法である四診法を用いて統一的に観察し、主たる変動経絡の虚実を弁え、証(病因病理と治療法)を決定し、補瀉調整して経絡を正常に戻し、生命力を旺盛にすることを目的にした治療法を経絡治療とします。

ヒストリー

経絡治療(けいらくちりょう)とは、東京鍼灸医学校の校長であった柳谷素霊の「古典に還れ」の掛け声により、昭和14年(1939)頃に、柳谷素霊の教え子である岡部素道と井上恵理と、自身の治療体験に感動し新聞記者から転進して鍼灸の道に進んできた竹山晋一郎が中心となり、素問・霊枢・難経医学の古典に残る数千年の伝統を正しく伝える鍼灸術、すなわち、陰陽五行、気血営衛、臓腑経絡説を根幹とし、その臨床実践は脉診・証・補瀉によってその真髄が正しく伝承されるべく作られた、経絡の虚実を調整する事を目的とした鍼灸治療における治療術のひとつである。

経絡治療のモデルとなったのは、茨城県で西村流の流れを組む八木下勝之助の臨床とされている。

またその源流は、中国古代の医学書である素問・霊枢・難経に基づき、わが国では、奈良・平安・鎌倉時代のはり医術から江戸時代の検校はり医の学術を、広く包含するものである。

その後、岡部素道氏の岡部系経絡治療学会、井上恵理氏の井上系、丸山昌郎氏の丸山系、そして福島弘道氏の福島系に別れた。

現在この4系統を中心にいくつもの小派がある。

東洋はり関西方式の経絡治療

伝統鍼灸術の最高峰に位置する「本治法」で生命力を高め、「標治法」で病変部の阻滞を疎通し、さらなる症状の改善とセルフケアを兼ねた「補助療法」を用い、本・標・補助・三位一体型で構成される客観性のある経絡治療です。

総論

経絡治療とは?

正経十二経と奇経八脉を含む経絡系統の気血の虚実を弁え補瀉調整し、生命力を高め疾病からの回復と予防をはかる日本伝統鍼灸術です。

経絡治療の構成

本会が実践している経絡治療は、以下の術式からなります。

a.「本治法」

疾病の根本的原因である経絡の気血の虚実を補瀉調整して生命力(自然治癒力・免疫=治る力)を高める術式。

b.「標治法」

症状の現れている局所の【阻滞(そたい)】(コリ・痛み・シビレ・硬結)を【疎通(そつう)】(滞りを取って通じさせる)して症状の緩和をはかる術式。

c.「補助療法」

即効性のある特殊な治療法を施しさらなる症状の緩和をはかる術式。

これには「奇経治療」「子午治療」「ナソ・ムノ治療」「刺絡鍼法」等があります。

このように、本・標・補助・三位一体型で構成された、痛くない鍼と熱くないお灸による客観性のある治療が特長です。

各論

本治法を施すために四診法を用いて証決定を行います。

本治法で生命力を高めた後に標治法や補助療法を施します。

四診法

4つの観点から五臓の状態を診察します。

a.望診・・・顔面の気色や舌や尺膚を視ることによって五臓の状態を診察します。

b.聞診・・・声を聞いたり臭いを嗅ぐことによって五臓の状態を診察します。

c.問診・・・具体的な症状を問うことによって五臓の状態を診察します。

d.切診・・・脉やお腹を直接触れることによって五臓の状態を診察します。

四診法を総合的に判断して、最終的に腹診と脉診で断を下し、証決定します。

脉とお腹は必ず一致します。

これを【脉証・腹症一貫性】とします。

一貫性を持たせることで誤治を防ぎます。

さらにその精度を高めるために、本会では脉証・腹証・病症までを条件として一貫性を持たせて診立てます。

経絡腹診

腹診の部位

臍より上を大腹、臍より下を小腹とする。


脾の診所は、臍を中心にそのした一寸、陰交穴より中脘の上まで。

心は、中脘の少し上より、鳩尾に至る部。

肺は、右季肋下の日月、腹哀より臍の右側に及んでやや斜めに、左季肋下はその比較部位。

肝は、臍の左下、側腹部、胆経の帯脈より居髎まで。

腎は、陰交より恥骨上際に至る部。

腹診の触り方と診方

手掌全体を臍の上にごく軽く置く。

1ミリも浮かさず1ミリも沈めずに圧0の手の重さで腹部の皮膚を滑らすように診ていく。


先ず大腹と小腹の皮膚表面の艶を比較する。

各経絡の配当部位につき虚実を診る。

心→脾→腎→肝→肺→肺の比較部位の順に皮膚表面の艶を診る。

次に同様の順序で腹壁の弾力を診る。

虚は陥下・冷え・ざらつき・力なく軟弱等。

実はつっぱり・硬い・按じて不快感や痛み等。

五臓の虚実を弁える。

腹診の実際

脉診

脉診は六部定位脉診で、脉状診と比較脉診があります。

指の当て方

手関節橈骨茎状突起の内側に中指を正しく当て、その両側に示指と薬指をそえ、この三本の指にて脉診する。

示指の当たる部を寸口、中指の当たる部を関上、薬指の当たる部を尺中といい、略して寸関尺と言う。この一つ一つを脉位と言い、五行と各臓腑経絡が配当されている。

脉診するときは指腹で診ること。母指の位置は陽池付近とする。患者の手首はやや反り加減にし、腹部に軽く置く。

浮・中・沈

中脉の捉え方はおもむろに指を沈めて最も脉のよく触れる部を中脉とする。中脉がとれたら、更に沈めてその下側で陰脉を、また中脉より浮かせてその上側で陽脉を診る。

陰脉を診る時はあまり強く押して脉の流れを妨げてはならない。

陽脉では脉から指が離れようとする手前で診る。

中脉は、寸口はやや軽めに、尺中はやや重めにし、指の圧のバランスを考慮させる。

脉状診

浮沈・遅数・虚実を六祖脉といい、浮は脉が浮いて浅い所にあり、指を当てるとすぐに触れる脉。沈は脉が沈んで深い所にあり、指を当て沈めていかないと触れない脉。手法は原則として浮脉のときは浅く、沈脉のときは深く刺鍼する。(浮沈を診わける基準は皮膚面とする)

遅は一呼吸に3拍以下(おおよそ1分間に60以下)で冷えを表す。数は一呼吸に5拍以上(おおよそ1分間に80以上)で熱を表す。一呼吸に4拍(1分間に70前後)を平とする。手法は原則として遅はゆっくり、数は素早く刺鍼する。(注意;一呼吸とは術者の一呼吸を指す)

虚は軟らかい脉、実は硬い脉。手法は虚は補法、実は瀉法。

脉位における臓腑経絡配当

右手寸口沈めて肺、浮かせて大腸、同様に関上は脾と胃、尺中は命門と三焦。左手寸口は心と小腸、関上は肝と胆、尺中は腎と膀胱。

比較脉診

先ずは左右の脉全体の虚実を比較し、次に陰陽の虚実の差を比較させる。そして、どれが一番虚しているかを診るがここでは基本的な脉型を説明する。

『難経』六十九難の基本脉型

肺虚証は肺金と脾土が虚、心火と肝木が実。陽経では大腸と胃は実、小腸と胆は虚、腎は平となる。

このように陰経は、本証を起点に反時計回りに五行の順に従い「虚・虚・実・実・平」と並ぶ。

心虚・脾虚・肝虚・腎虚証についても同様に類推する。

肺虚証の基本脉型

命門について

右尺中の命門の配当については、「命門は生気が十分にあるか、ないかを知るところ」、位にしておく。

『難経』十八難では右の尺中は心包となっているが、元の滑伯仁の『診家枢要』には命門と共に心包が配当されている。しかし、臨床上は心包は心の代行として扱われる。

右尺中は相火であり、そして命門は腎の陽気とみる。

脉診の実際

証決定

証(あかし)とは、病因病理と治療法を指す。

a.肝虚証は脉証・腹症とも肝と腎が虚。

b.心虚証は脉証・腹症とも心と肝が虚。

c.脾虚証は脉証・腹症とも脾と心が虚。

d.肺虚証は脉証・腹症とも肺と脾が虚。

e.腎虚証は脉証・腹症とも腎と肺が虚。

治療法則

「虚すればその母を補え」に従い、

a.肝虚証は曲泉と陰谷を補います。

b.心虚証は大陵と太衝を補います。

c.脾虚証は太白と大陵を補います。

d.肺虚証は太淵と太白を補います。

e.腎虚証は復溜と経渠を補います。

この基本選穴でほとんどがまかなえます。

もし思ったような効果が上がらない時は、病症にあわせて選穴を工夫して下さい。

適応側

左右の穴を使いません。必ず適応側(より効く側・本当に必要としている側)を決めて片方刺しを基本とします。

a.症状に偏りがあれば、健康側の穴を補います。

b.症状に偏りがなければ、男は左側を、女は右側の穴を補います。

c.耳前動脈の浮いてハッキリとしている側を適応側とします。

d.臍の左右の縁が高い方を適応側とします。

e.左右の中脉を比べて充実している側を適応側とします。

f.気逆の病症に対しては、左足の経絡が気を引き下げ、右手の経絡が押し下げます。気陥の病症に対しては、右足が気を押し上げ、左手が気を引き上げます。

g.首から上の病症に対しては、患側(同側)の陰経と陽経が影響します。首からの下の病症に対しては、健側(反対側)の陰経と患側(同側)の陽経が影響します。

これらの要件を複合的に診て適応側を判定します。

本治法

主たる変動経絡の虚実を弁え、補瀉調整し、生命力を強化する治療法。

臓腑経絡の変動が疾病の原因であり、「病を治するにはその本に求む」という病理観と治療概念に基づいた根本治療で、伝統鍼灸術の最高峰に位置する治療法。

経絡治療=本治法にこそ本領があります。

先ず、「内傷なければ外邪入らず」の東洋医学の治療の大原則に従い、主証となる陰経を補います。次いで難経六十九難の治療法則である「この母を補え」に従い母経を補います。次いで相剋経の虚実を診て、必要あれば補瀉を加えます。

これを重虚極補の相剋調整とします。

次いで陽経に浮いてきた邪を脉状に応じた手技手法で瀉します。

生気を補い、生気を妨害する邪気を瀉し、変動経絡の虚実を調整し、生命力を強化します。

正に「病を治するには本を求む」がここにあります。

補法と瀉法のテクニック

補法の基本刺鍼(tonification technique)

経に従い取穴。

押し手を構える。

鍼を穴に接触させる。

鍼がたわまないようにそーっと押す。

鍼が進まなくなったら押すのを止める。

気が来るまで待つ。

気が至ったら押し手の母指と示指で左右圧をかける。

目にも止まらぬ速さで抜くと同時に鍼口を閉じる。

応用編ショートバージョン

応用編ロングバージョン

瀉法と補中の瀉法と和法の基本刺鍼(draining technique&draining within tonification technique&Waho technique)

標治法

局所や病変部の阻滞を疎通します。

a.気に対しては散鍼を施します。

b.水に対しては足の三焦経を使います。

c.血に対しては撚鍼を施します。硬結の頭まで鍼を進めて留め数呼吸して鍼先が緩んだら抜鍼します。

緩みにくい硬結に対しては知熱灸を1~3壮施灸します。

また刺絡はダイレクトに瘀血を動かします。

補助療法

補助療法は客観性と即効性に優れ、正に一撃必殺の破壊力を秘めた治療法です。

経絡治療をやっている人もやっていない人でも、これ単独のみで、相当の治療効果があります。

子午治療

痛みのある経絡を特定したら、健側の子午陰陽関係に当たる経絡(※必ず症状のある反対側を使う)の絡穴・郄穴・原穴の反応をよく診て圧痛に対して金鍼10~30番・古代鍼・中国鍼などの太めの鍼で決して刺さずに接触鍼で補うと症状が和らぎます。

効果の持続やセルフケアを兼ね、金銀粒貼付、施灸などを施します。

宮脇奇経治療

督脉、陽蹻脉、陽維脉、帯脉、任脉、陰蹻脉、陰維脉、衝脉の奇経八脉と、手陽明脉、足陽明脉、手少陰脉、足少陰脉の宮脇スーパー4を調整する治療法です。

特長は、

☆即効性がある。

☆診察診断が簡便。

☆治療が知熱灸と金銀粒ででき簡便。

☆全体治療としての影響力もあり、第二の経絡治療である。

詳しくはサイトメニューの宮脇奇経治療をご覧ください。

この12通りの奇経パターンを腹診で決定します。

これを「宮脇奇経腹診」とします。

宮脇奇経腹診

古野式 経絡骨盤調整療法

古野式 経絡骨盤調整療法(ふるのしきけいらくこつばんちょうせいりょうほう)とは、(一社)東洋はり医学会関西相談役(監事)を務める古野忠光先生が、鼠径部を中心とする経絡上の滞りと病気の関係に着目し、古典的理論と臨床実践によって確立された特殊鍼法です。

これにより、十二経絡の病症は全て鼠径部を中心とする経絡上で調整することが可能となり、ここにまた1つ新しい全身調整療法が誕生しました。

◎なぜ十二経絡の病症は全て鼠径部を中心とする経絡上で調整することが可能なのか?

①気街

古医書に六腑の気の集まる道筋である六腑の気街を知る者は、営衛の気が滞って邪気が集まり固まった部位を緩めて通りをよくすることができるとあります。

気街とは胸と腹と頭と脛で、ここに六腑の気が集まる道筋があります。

そのうち、気街の脛に邪気があるときは気衝を取穴せよと書かれています。

脛とは膝から踝までの間の部分ですから気衝で膝痛や足関節捻挫を治療できます。

それだけでく気衝は様々な経絡系統と結びつく交会穴です。

そのような関連性から、気衝を含む鼠径部を中心とする経絡上の滞りを解消すれば、脛だけでなく他の胸や腹や頭の気街を始め全身を調整できることが分かりました。


②共軛関係・表裏共軛関係

直接鼠径部を巡っていない経絡があるにも関わらず十二経絡を調整することができるのは、共軛関係(きょうやくかんけい)・表裏共軛関係(ひょうりきょうやくかんけい)という特殊なルートが存在するからです。

共軛とは働きの似通ったという意味です。

■共軛関係

□手足太陰経 肺経と脾経

□手足厥陰経 心包経と肝経

□手足少陰経 心経と腎経 

□手足陽明経 大腸経と胃経

□手足少陽経 三焦経と胆経

□手足太陽経 小腸経と膀胱経

■表裏共軛関係

□手太陰経と足陽明経 肺経と胃経

□足太陰経と手陽明経 脾経と大腸経

□手厥陰経と足少陽経 心包経と胆経

□足厥陰経と手少陽経 肝経と三焦経

□手少陰経と足太陽経 心経と膀胱経

□足少陰経と手太陽経 腎経と小腸経

ということで同じ三陰三陽に属する経絡は働きが似通っています。

また共軛関係の表裏経とも似通っています。

これを応用すると、手足三陰経(太陰経・厥陰経・少陰経)のうち、足の三陰経(脾経・肝経・腎経)は鼠径部を流注し、手の三陰経(肺経・心包経・心経)は直接鼠径部を流注していませんが、五十肩で肩髃よりも内側の肺経ラインの痛みに対して骨盤を流注する経絡に治療点を求めると、同じ太陰経のくくりであり共軛関係である脾経の衝門や府舎に反応が出ています。

これらの経穴に接触程度の極々軽微な刺鍼を施し滞りを流してあげると、肩の痛みが軽減します。

あるいは耳鳴りは三焦経の病症ですが、共軛関係の胆経や表裏共軛関係の肝経の反応を鼠径部周辺に求めて治療をすることができます。

わざわざ鼠径部を中心とする経絡を調整する理由は、前述した①の気街という理論以外に以下も大きな理由です。


③少陽枢機

人体の三陰三陽には、それぞれ「開(かい)・闔(ごう)・枢(すう)」という働きがあります。

戸扉でいうと、開は開ける、闔は閉める、枢は開け閉めを調節する軸の働きです。

開は太陽経、闔は陽明経、枢は少陽経が司ります。

鼠径部は枢の働きを持つ少陽経に属します。

これを少陽枢機とします。

また太陽経は人体における後面を、陽明経は前面を、少陽経は前後の境界線である側面を司ります。

戸扉を開けたり閉めたりするためには軸がなければ動けないように、少陽枢機が正常であれば太陽経と陽明経の交流がスムーズに行われ気血が順調に巡り人体のあらゆる細胞・組織・器官・臓腑経絡・四肢・百骸を潤し養い活動力を与え生命力を鼓舞します。

逆に鼠径部を流注する経絡に滞りがあるために少陽枢機の働きが悪くなると、戸扉の軸が壊れて開けたり閉めたりするのがスムーズでなくなるのと同じように、前後の陽明経と太陽経の交流もスムーズにいかなくなります。

その結果、気の作用(推動・温煦・防御・固摂・気化)が失調すると生命力の低下を招き、内外の病邪に傷られやすくなり発病に至ります。

私たちが健康的に生理活動を行うためには、気の昇降出入運動は絶えず順調でなければなりません。

前後の陽明と太陽の気の交流の橋渡しを担う横の少陽枢機の働きがとても大切です。

経絡骨盤調整療法は、少陽枢機の故障の原因である鼠径部を中心とする経絡の滞りを解消して少陽枢機を修復することができ、十二経の病症を全て調整することができます。

◎適応疾患

■十二経の全ての病症

□下焦

婦人科疾患、前立腺肥大、腰痛、坐骨神経痛、下肢のシビレ痛み・屈伸不利、膝痛、足関節捻挫、外反母趾、足裏の痛み、踵の痛み、水虫、しもやけetc.

□中焦

消化器疾患、肋間神経痛、背部痛etc.

□上焦

頚腕症候群、頸椎症、寝違い、肩こり、頭痛、顔面神経麻痺、五十肩、肘痛、手のシビレ、腱鞘炎、弾発指、バネ指、花粉症、鼻炎、副鼻腔炎、眼疾etc.

また、不妊鍼灸においては卵管のつまりを改善する効果が期待されています。

動画をご覧になっていただいたように、特別難しいことは何一つされていません。

真面目に取り組めば誰でも習得可能な技術です。

是非、経絡骨盤調整療法を習得して住まいの地域で患者さんの健康保持増進に役立ていただければと願っています。

古野先生の治療室には、Fリーグ(日本フットサルリーグ)某チームの選手たちがこぞって治療に通いつめ、この経絡骨盤調整療法によって足首の故障や膝の故障から回復に導いておられます。

2020年東京オリンピック、2021年ワールドマスターズ関西を控え、国民のスポーツへの関心が高まっていますが、スポーツ障害も経絡骨盤調整療法の適応症です。

本療法を習得して、古野先生のようにアスリートからも信頼される鍼灸師に成りましょう!

刺絡鍼法

宛陳すれば則ち之を除き

井穴刺絡

歯痛、打撲、捻挫など急性の腫れ痛みに大変有効です。

皮膚刺絡

頚椎症、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など器質的な変性には局所の刺絡が効果的です。

経絡治療の実際


痛くなく 熱くなく こわくなく 人にやさしく