不妊鍼灸/安産灸

不妊鍼灸

腹部のツボ

①中条流4点に知熱灸3壮ずつ。

患者の口角~口角の長さをメジャーで測る。

その半分の長さを一辺とする正三角形をコンパスと定規で作り、患者の臍の下のへりに三角の頂点を当てて垂らし、下の角2点に印をつける。

最初のメジャーで測った長さを、臍の下のへりに当てて垂らし下点に仮点をつけ、その点に三角の頂点を当てて垂らし。下の角2点に印をつける。

この上下の2点を中条流4点とする。

②中極に知熱灸3壮。

③無月経や無排卵であれば、石門に上向きに皮内鍼を次回来院時まで貼付。※毎回取り替える。

下肢のツボ

蠡溝・三陰交・中封・至陰に知熱灸。左右を比べて圧痛の強い側に5壮、反対側に3壮、左右差がなければ両方3壮ずつ。

右照海-左列缺+右太衝-右通里に主穴に5壮、従穴に3壮、知熱灸して金銀粒貼付。

※中封の取穴部位は、足関節を背屈してハッキリする前脛骨筋の付着部と内踝尖を結んだ線上のほぼ中央付近の陥凹部を探ると著明な圧痛硬結がありここに取る。

腰のツボ

■腎兪・大腸兪に知熱灸。左右を比べて圧痛の強い側に5壮、反対側に3壮、左右差がなければ両方3壮ずつ。

■志室のやや下の圧痛硬結に知熱灸。

セルフケア

中条流4点・中極・蠡溝・三陰交・中封・至陰・腎兪・大腸兪に印しをしてあげて、毎日ドライヤー灸でセルフケアしてもらう。

熱すぎずぬるすぎず丁度気持ちのいい距離から、ドライヤーでツボをゆっくり「1,2,3,4,5」秒間温める。これを1壮とカウントして、左右を比べて圧痛の強い側に5壮、反対側に3壮、左右差がなければ両方3壮ずつ。

右照海-左列缺+右太衝-右通里は主穴に金粒、従穴に銀粒を貼付。できるのであれば、その上からドライヤー灸をやってもらう。主穴に5壮、従穴に3壮。

腎兪・大腸兪・志室の下方はご主人にやってもらうと、2人で協力しあえて相乗効果があるが、無理なら自分で大体の感じでドライヤー灸。

男性不妊

奇経

  • 右照海-左列缺+右太衝-右通里
お腹
  • 中条流4点
  • 中極に知熱灸。

  • 三陰交
  • 中封
  • 至陰
背中
  • 腎兪
  • 大腸兪
  • 志室 圧痛の強い側に取る。
勃起不全があれば
  • 第11胸椎~第3腰椎督脉上の圧痛に知熱灸。
  • 仙椎の督脉上の圧痛に知熱灸。
セルフケア
  • 上記のツボにドライヤー灸。熱すぎずぬるすぎず丁度気持ちのいい距離から、ドライヤーでツボをゆっくり「1,2,3,4,5」秒間温める。これを1壮とカウントして必要な壮数行う。
  • お風呂で決して痛くないように睾丸を揉む。

  • 肺虚からスタートして腎虚に変わる。
  • 腎虚からスタートして肺虚に変わる。

安産灸

妊娠したら、不妊鍼灸を止めて、安産灸に切り替える。

早・流産、つわり、妊娠高血圧症候群、逆子、難産などの、マイナートラブルの予防と治療を兼ねる。

妊娠初期の治療

①安産灸

三陰交・中封・至陰に知熱灸。左右を比べて圧痛の強い側に5壮、反対側に3壮、左右差がなければ両方3壮ずつ。

②安産奇経

右照海-左列缺+右太衝-右通里に主穴に5壮、従穴に3壮、知熱灸して金銀粒貼付。

つわりが始まったら


①安産灸

蠡溝・三陰交・中封・至陰に知熱灸。左右を比べて圧痛の強い側に5壮、反対側に3壮、左右差がなければ両方3壮ずつ。

②安産奇経

右照海-左列缺+左内関-右公孫に替えて主穴に5壮、従穴に3壮、知熱灸して金銀粒貼付。

◎診方 基本は右照海-左列缺+左内関-右公孫だが、それで症状が取れない場合は、

■心窩部の左側を按じて不快であれば左内関-左公孫か左公孫-左内関

■心窩部の右側を按じて不快であれば右内関-右公孫か右公孫-右内関

陰維脉か衝脉かの鑑別は心窩部+左右の大横と肓兪を比べて、心窩部+左右の大横の方が抵抗が強ければ陰維脉、肓兪の方が抵抗が強ければ衝脉とするが、分かりにくければ陰維脉と衝脉にテスターを貼ってどちらの方がつわりがマシになるかを患者に聞く。

陰維脉か衝脉に右照海ー左列缺を必ず加える。


もしそれでも症状が取れない場合は任脉に変更して。内関-公孫(あるいは公孫-内関)+左列缺-右照海とする。


※妊娠初期~つわりが治まるまでの時期は絶対に左の照海は使わないこと。左の腎は流産のリスクを高める。

つわりが治まったら

①安産灸

蠡溝・三陰交・中封・至陰に知熱灸。左右を比べて圧痛の強い側に5壮、反対側に3壮、左右差がなければ両方3壮ずつ。

②安産奇経

右照海-左列缺+右太衝-右通里に戻して主穴に5壮、従穴に3壮、知熱灸して金銀粒貼付。

逆子の治療

蠡溝・三陰交・中封・至陰に知熱灸。左右を比べて圧痛の強い側に5壮、反対側に3壮、左右差がなければ両方3壮ずつ。

右照海-左列缺+右太衝-右通里に主穴に5壮、従穴に3壮、知熱灸して金銀粒貼付。

妊娠高血圧症候群の治療

蠡溝・三陰交・中封・至陰に知熱灸。左右を比べて圧痛の強い側に5壮、反対側に3壮、左右差がなければ両方3壮ずつ。

右照海-左列缺+右太衝-右通里に主穴に5壮、従穴に3壮、知熱灸して金銀粒貼付。

その他のマイナートラブルの治療

蠡溝・三陰交・中封・至陰に知熱灸。左右を比べて圧痛の強い側に5壮、反対側に3壮、左右差がなければ両方3壮ずつ。

右照海-左列缺+右太衝-右通里に主穴に5壮、従穴に3壮、知熱灸して金銀粒貼付。

予定日の20日前から

肩井・合谷・三陰交・右至陰尖に知熱灸。肩井・合谷は全て7壮、両三陰交・右至陰尖3~5壮。

10日前になったら10壮に増やす。

また家族に肩井を指圧または揉んでもらう、合谷は暇さえあれば自分で指圧または揉むとなおよい。

これで予定日通りに産まれやすくなり、お産が軽くなる。

ただし、予定日を過ぎても陣痛が起こらない場合は、陣痛促進穴に円皮鍼を貼付。

陣痛促進穴

生まれる一週間くらい前から、胸椎の3番~5番の左の脊際(まれに右の場合もある)に非生理的な触覚所見が現れる。ここを陣痛促進穴とし円皮鍼を貼付。これが5番にまで降りてきたら2日以内に陣痛が始まるとされます。

安産灸表

帝王切開の傷が痛む

照海-列缺

症例

妊婦脈図月禁法

その他、産後のケアはメニューの疾患別治療のページを開いて婦人科/産科の項を参照して下さい。


痛くなく 熱くなく こわくなく 人にやさしく