小児はり|小児門

道書曰く、小児七歳までを神童と名づく。神これを守る。

古医書にみる五疳虫

鍼灸重宝記
  1. 肝疳は、頭を揺るがし、目しぼめき、目を揉み、汗を流し、俛伏し、筋青く、身も青し、髪立、筋をいたみ、痩つかるる。
  2. 心疳は、面赤く、身熱し、咽渇き、小便赤く、鼻下ただれ、腹脹、口瘡虚、驚く。
  3. 肺疳は、咳嗽多く、喘き、鼻を揉み、爪を咬み、寒熱、鼻瘡、身白色、腹脹
  4. 腎疳は、躰痩、身に瘡疥あり、寒熱し、雀目、足冷、嚢しめり、水を好み、声かるる。
  5. 脾疳は、身黄み、肚大に、泄瀉、不食し、土を吃ひ、地に臥すことを好む。
杉山流三部書
  1. 肝の疳=怒りっぽい、あばれる。キイキイという、イライラする。
  2. 心の疳=よく笑う、笑いながら泣き出してしまう。
  3. 脾の疳は=消化器系の変化、下痢不消化等。
  4. 肺の疳は=呼吸器系の変化、風邪引き易い、皮膚が弱い、小児喘息、扁桃腺の肥大等。
  5. 腎の疳は=夜尿症等。
啓迪集
  1. 腎疳では身体が痩せ、瘡疹を生ずる。寒熱が時にしたがいに起こり、頭部ははなはだ熱し、足は氷のごとく冷える。地黄丸がよい。
  2. 心疳では顔が黄色くなり、瞼が赤くなり、煩満し、壮熱し、心煩し、口瘡生じ、虚驚(虚による驚風)する。黄連丸がよい。
  3. 脾疳では身体が黄変し、腹がふくれ、好んで泥土を食べるようになる。脹満して呼吸が荒く、酸臭のする下痢をする。益黄散がよい。
  4. 肝疳では頭を動揺させ、目をこすり、瞳の上に白膜が覆い、汗が流れ、脳部が熱し、顔を床につけて臥せる。青筋が出、髪は立ち、肌肉は青黄になり、?痩する。生熟地黄湯がよい。
  5. 肺疳では咳嗽し、気逆してさかんに喘し、鼻をいじり、手の甲を咬み、寒熱する。清肺湯がよい。

命柱

身柱と命門

『鍼灸眞髄』では、「子供は神様が守つていられるので子供の病気には命柱で沢山です。胸以上は身柱、腰以下は命門でなほります。命門は第一行の穴で、左の方に出ることが多いです。」とあり、沢田健師は、好んで使われていました。

直神伝沢田流では、ど真ん中の督脉の傍らを第一行、1寸5分外を第二行、3寸外を第三行とし、本当の命門は十四椎の傍ら、腎兪一行に出ると仰っておられます。それも左が多いと。
身柱はちりけ(げ)で有名ですが、これに左命門(左腎兪一行)を加え命柱へのお灸をします。
  1. 小学校高学年以上は知熱灸。ただし嫌がったら無熱灸。
  2. 中学年以下、未就学児、乳幼児は無熱灸。
  3. ドライヤー灸またはカイロ灸でセルフケア。
  4. 金銀粒貼付でもよい。
※知熱灸・無熱灸・ドライヤー灸のやり方は以下のサイトでご確認下さい。
動画 命柱への施灸~ドライヤー灸編

小児の生理的特徴

  1. 臓腑嬌嫩(臓腑の働きが弱い)
  2. 形気未充(形態と生理機能が充分ではない)
  3. 生機蓬勃(生命力が旺盛)
  4. 発育迅速(発育が速い)
  5. 発病容易(発病しやすい)
  6. 伝変迅速(病の変化が速い)
  7. 臓気清霊(臓腑の気が穢れていない)
  8. 易于康復(治りやすい)

五遅と五軟

五遅
  1. 立遅(りっち)
  2. 行遅(こうち)
  3. 髪遅(はっち)
  4. 歯遅(しち)
  5. 語遅(ごち)
五軟
  1. 頭軟(ずなん)
  2. 項軟(こうなん)
  3. 手足軟(しゅそくなん)
  4. 肌軟(きなん)
  5. 口軟(こうなん)

胎毒

小児の病、てんかんやアトピー性皮膚炎など先天的な疾患は胎毒が原因です。


小児の疾患別治療法

小児はりにおいて、私が恩師や先輩から習ったことや、臨床を通じて子どもたちから教わったことや、効果があった治療法等を公開します。

夜尿症


実証 気化が盛んで起こることが多い

虚証 時間がかかる

奇経治療

恥骨の高さで左右の腹直筋の外縁の圧痛を比べて強い側の照海-反対側の列缺。

標治法

脊中、腰椎3-4棘突起間、仙椎2-3棘突起間の圧痛に無熱灸6~10壮。

中極に無熱灸6~10壮×金銀粒貼付。

チック

本治法

肝の変動、つまり肝虚証か肺虚肝実証か脾虚肝実証で本治法

子午治療 

チックが起こっている患部の流注より子午陰陽関係に当たる経絡を使います。

  • 音声チックなら咽喉部なので、小腸経か大腸経ですので、子午陰陽関係に当たる肝経か腎経を使います。
  • 運動チックなら、ピクピクしている患部の流注から子午陰陽関係に当たる経絡を割り出してください。

健康側の絡穴を使います。

絡穴で取れないときは、原穴、郄穴を使います。

大人なら比較的太目の鍼で補います。

  1. 金鍼30番
  2. 中国鍼
  3. 古代鍼

小児はてい鍼で十分です。

止め灸をします。

  1. 普通に施灸するなら10壮
  2. 知熱灸なら5~7壮
  3. 無熱灸なら10~14壮

効果を持続させるために金粒または銀粒を貼ります。

標治法

全身に気を巡らせるように小児はり

セルフケア
  1. ドライヤー灸7壮
  2. 胸を上から下にさすってあげる
症例

乗り物よい

普段の治療

圧痛の強い側のレイダ、内関、足三里、外関、築賓に皮内鍼か金銀粒またはPM粒か貼付。

当日・または前日の治療
  • 旧Ver.バージョン
  1. 圧痛の強い側の外関
  2. 両三陰交に皮内鍼
  3. 左内関-左公孫に金銀粒
  4. 両中央レイダに金銀粒またはPM粒

  • 最新Ver.バージョン
  1. 外関に皮内鍼か金銀粒またはPM粒
  2. 内関に皮内鍼か金銀粒またはPM粒
  3. 三陰交に皮内鍼か金銀粒またはPM粒
  4. 中央厲兌に金銀粒またはPM粒
  5. 足三里に皮内鍼か金銀粒またはPM粒

車に乗ったとき
  1. 任脉上を上から下になでおろす。
  2. ハッカ飴をなめさせる。
  3. ペットボトルの水に小さじ一杯のお酢を入れ上下に振って飲ませる。

イボ

本治法

古医書に小腸経が虚すと疣ができたり指間に湿疹ができるとあります。

小腸経が虚ということは心経が実ですので、肺虚証か腎虚証になります。

標治法
  • 患部を毫鍼またはてい鍼の先を持ち手の指の間から少しだけ出し瀉的に散鍼し、そのあとを知熱灸またはドライヤー灸を行う。
  • 虚している側の支正に皮内鍼をして、知熱灸10壮か無熱灸20壮。
セルフケア
  1. 患部を亀の子たわしで痛くないようにパンパン叩き、そのあとに砂糖を塗る。
  2. 支正にドライヤー灸10壮。
  3. できるだけチョコレートを控える。
症例

便秘

本治法

左の脾虚として、てい鍼の尻尾の方を左太白と左大陵を五行程当てて補い、てい鍼の頭の方で左豊隆から上巨虚までの実所見を経に対して真横にサッサッサと3回ほど切るように運鍼して瀉す。

奇経治療

左同側公孫-内関と陥谷-合谷

標治法 
  • 左上前腸骨棘から鼠径部にかけての塊に対し、その回りを等間隔で補鍼。
  • 左志室周囲の塊に対し、その回りを等間隔で補鍼。
  • 左臀部を瀉的に散鍼しては反対の手で祈りを込めてなでる。
  • 下腹部正中の最も陥凹した箇所にてい鍼の尻尾の方を当て、陰陽陰陽陰陽のリズムで指頭叩打すること6呼吸。
セルフケア 
奇経に灸点を卸し、母親に自宅で愛情を込めてドライヤー灸、または音を怖がる子にはカイロ灸をするように指導。
動画 便秘の打鍼
症例

口臭

本治法
重ね重ね腎虚か脾虚です。
標治法
  • 膻中と中脘にお灸
  • 右膈兪一行に鍼します。
口臭のある子の特徴
  1. 顎のリンパ腺が腫れている子が多い。
  2. 好き嫌いが激しく、お肉ばかりを多食している子に多い。

お腹が痛いなど朝ぐずって学校に行きたがらない

口鍼

「このおへそは学校に行きたくないと言ってるよー」とか「学校に行きたくないのはお母さんのおっぱいが飲みたいんだなー」と言って子どもを和ませるように工夫する。

おうちでも毎朝母親にそのように対応させる。

子の親に対する不安であり甘えである。

甘えなので甘いものを好む。

「チョコレートは控えた方がいいよーっておへそが言ってるよー」と言って子どもに納得して控えていってもらう。

標治法

身柱、至陽、脊中、膻中、中脘に金銀粒を貼る。

奇経治療

公孫-内関と照海-列缺。

急性発熱・高熱

本治法
  1. 男児は左の復溜、女児は右の復溜を鍉鍼で五行程補う。男児で左の復溜でよくならないときは右の復溜に変える。
  2. 太陽病であれば足を触って熱い側の金門を小里てい鍼の尖った方で経に逆らって3回ほどサッサッサッと切るような手技で瀉す。
  3. 陽明病であれば手足を触って熱い側の二間か三間、豊隆や上虚巨に同様の瀉法。

※瀉法は分からなければやらなくてもよい。

※肺経には温める作用があるため下手に手を出すと却って発熱するリスクがあるので補わない方が危なげない。

標治法
  1. 両手に水かきの鍼(足は基本やらないが触って足も熱ければやってもいい。)。※水かきの鍼のやり方は以下の動画をご覧ください。
  2. 全身に気を巡らすように小児はり。
動画 水かきの鍼
止め鍼
最後に適応側と反対側の後谿にチョンと止め鍼。
症例

鼻血

  1. 風府に置鍼して(無理ならてい鍼で補う)、
  2. 左の鼻血であれば右の大鐘を、右の鼻血であれば左の大鐘を補い、止め灸として知熱7壮、または無熱灸14壮して、金銀粒を貼付して、
  3. 左の尺沢と曲池と孔最を結んだトライアングルの中央の陥凹部の圧痛に知熱灸7壮、または無熱灸14壮。
セルフケア
  1. 大鐘に金粒を貼付しドライヤー灸7壮。
  2. 左の尺沢と曲池と孔最を結んだトライアングルの中央の陥凹部の圧痛にドライヤー灸7壮。

発達障害

本治法

意思の疎通が図れない子はとにかく褒める。これで治療がしやすくなるし、家でもやりやすくなる。

  • 脳の未発達 腎
  • 肌肉の未発達 脾
  • 疲れ知らず 脾実
  1. 脉が診れない未就学児は脾腎相剋心肺要らず。男児は左脾右腎、女児は右脾左腎。
  2. 小学生以上は脉診して証を決める。だいたい腎虚か脾虚。
  3. 問題行動や情緒の不安定や変なものが見える場合は、治療前に呼吸を整える。4秒かけて鼻で息を吸い一拍止めて10秒ほどかけて鼻から息を吐くを5~10回行う。そして胸を上から下に撫でる。腎虚で合水穴。
  4. 髪の毛をむしって抜く子は肝虚証。
奇経治療

食欲にムラがあれば公孫-内関。

四肢が弱い柔らかすぎる場合は公孫-内関+陥谷-合谷

標治法

身体的、機能的未発達があれば唖門を補う。下垂体を意識して。

その他の症状に応じて処置する。

水頭症

奇経治療

照海-列缺+後谿-申脈。

就学旅行や大会の日と生理が重ならないように遅らせる方法

左右を比べて圧痛の強い側の蠡溝+両三陰交+左築賓に経に対して垂直に皮内鍼+右太衝-右通里+右照海-左列缺に金銀粒またはPM粒。

てんかん

本治法

脾虚か腎虚。

脾虚の場合は左季肋部に反応が出る。

※大人の癲癇は発作の頻度が少なくなってくる。また発作前に食べたくなるのが特徴。

奇経治療

後谿(患側)-申脈(患側)+公孫(患側)-内関(患側)

奇経は、①知熱灸:主穴に5壮-従穴3壮 ②金銀粒貼付:主穴に金粒-従穴に銀粒 ③無熱灸:主穴に10壮-従穴に6壮 ④ドライヤー灸:主穴に5壮-従穴に3壮。

標治法
  1. 百会から1寸~2横指の前後左右の4点に施灸。
  2. 膻中・身柱・長強に知熱灸。長強は知熱灸3~5壮。

養生 セルフケア

  • 甘いものを控える
  • 奇経、長強、百会前後左右4点は自宅でドライヤー灸。
動画 てんかんに対する気付けの鍼

咳・喘・哮

喘息とは、咳、喘(呼吸困難)、哮(ゼイゼイヒューヒュー)が複合的にみられる症候で、虚喘と実喘の別があります。
実喘

一見見た目の症状は激しくみえるが邪気実を除けば癒えていくので予後は悪くない。

  • 本治法
男女とも左適応側の肝虚肺実証で、左の曲泉と陰谷を補い、右の尺沢を瀉します。
  • 奇経治療
中かんの左右の脊際を押さえて圧痛が強い側の孔最-反対側の照海。
  • 標治法
  1. 大椎、風門に知熱灸7壮ずつ。
  2. 中府から胸に向かってアルミの圓鍼で20回擦窩を胸全体に施す。
  • セルフケア
  1. 孔最-照海に金銀粒を貼付してドライヤー灸5壮-3壮。 
  2. 大椎、風門にドライヤー灸7壮ずつ。
虚喘 
見た目の症状はひどくなさそうに見えるが一度発作が起こると止まりにくく命にかかわることがあるので術者の腕と相談して治療を引き受けるかどうかを判断しなければならない。
  • 本治法
各証の気虚・陽虚。

  • 奇経治療
喘(呼吸困難)があれば
  1. 呼気がしんどい 列缺-照海
  2. 吸気がしんどい 照海-列缺
  • 標治法
  1. 大椎、風門に知熱灸7壮ずつ、無熱灸または14壮ずつ。
  2. 中府から胸に向かってアルミの圓鍼で20回擦窩を胸全体に施す。
  • セルフケア
  1. 奇経に主穴-従穴に金銀粒を貼付してドライヤー灸5壮-3壮。 
  2. 大椎、風門にドライヤー灸7壮ずつ

円形脱毛症|蛇行性脱毛症

本治法
  1. 一般的には腎虚証。
  2. 上焦に気が不足している場合は脾虚証。
  3. フケ・ベタつきが多い場合は肝虚証。
標治法
  1. 集毛鍼で患部を発赤する程度に散鍼。
  2. そこに施灸。知熱灸3壮、無熱灸6壮。
  3. さらに、艾を点火し煙で燻す。
  • 新聞紙で煙突を作る。
  • 一握り分の粗艾を点火して穴空き灰皿に入れる。
  • 灰皿に新聞紙で作った煙突を被せる。
  • 煙突の天辺を空洞にし、出てきた煙を患部に向けて燻す。
セルフケア
  1. 亀の子ダワシで痛くないように患部を発赤する程度に叩く。
  2. そこにドライヤー灸5壮。
動画 脱毛の鍼灸治療