鼻血の治療

朝、身支度とをしていると、「お父さーん!鼻血出てきたー!!」と息子が言ってきたので、応急処置。

先ず、風府に刺鍼し、次に右の鼻から出血しているので、子午治療で左の大鐘に補法。

最後に左の孔最に知熱灸7壮。

これで落ち着きました。

救急法としても使えますし、しょっちゅう鼻血が出る子には、定期的にやってあげると、段々と出なくなってきます。

子午治療は以下を参照して下さい。

鼻血の場合の孔最は、尺沢と曲池と孔最の三点を結んだ三角形の真ん中~やや肘よりの陥凹部の中の圧痛硬結に取ります。

鍼灸師の鍼灸師による鍼灸師のためのOWND ONE

鍼灸にはあらゆる流派や様式が在ります。 この多様性が日本鍼灸の優秀性のひとつだと感じています。 各流派に優劣は在りません。 それぞれに素晴らしい学術があり、互いに切磋琢磨する間柄です。 流派は違えど、患者を病苦から救うという同じ使命を持った鍼灸師に違いはありません。 元々1つです。 互いを認め高めあい、上工に成れるように、願いを込めてこの名前を付けました。 どうぞ、よろしくお願いします。