五十肩の治療

【患者】男性
【現病歴】1年前に転落して右肩を痛めてから腕が挙がらなくなった。マシになってきていたが1週間前に野球をボールを投げてからまた痛みがぶり返してきた。夜間痛・自発痛はない。
【鑑別】先ず、野球で痛めたのが原因か、転落による腱板の損傷が主かを理学検査。
ヤーガソン・スピード・ストレッチで痛みが増悪するが、三角筋の中央から後ろに出るので、二頭筋長頭炎ではなさそう。
外転105度で痛みが出る。ドロップアームは下垂しないが、支持するのが辛い。結滞は右健側の差が8㎝。
以上の所見から、腱板は断裂していないが部分断裂や損傷の可能性はある。
また、拘縮はみられないので、五十肩ではなく肩関節周囲炎が当てはまる。
夜間痛・自発痛がないことから、炎症の程度は石灰沈着性まではいってないことが推察されるが、念のため医療機関を受診するように促す。

【切経】右の棘上棘下筋(小腸経筋)が痩せている。三角筋全体に熱感がある(大腸経筋・三焦経筋・小腸経筋)。
【経絡腹診】脾心虚、肝腎実、肺平。
【奇経腹診】足厥陰脉と陽維脉。
【脉状診】浮・数・虚。
【比較脉診】脾心虚、肝腎実、肺平。
【証決定】脉証腹証病証一貫性に基づき脾虚証。
【適応側】男性であり、患側が右であるが、肩関節は病側が的中することが多く、また耳前動脈が右が浮いてしっかりしていることから右側とした。
【本治法】右太白、右大陵に補法。検脉すると胃経に虚性の邪が浮いて来たので、患側の右豊隆から堅に応じる補中の瀉法。
【補助療法】宮脇奇経治療。左太衝ー左通里と右外関ー左臨泣に金銀粒を貼付してその上から3壮-2壮で知熱灸。
【標治法】炎症部を避けて周囲に血絡を求めて刺絡。
【効果判定】治療前(外転105度・結滞左右差8㎝)→治療後(外転120 度・結滞左右差5.5㎝)
【考察】五十肩は肝虚あるいは加齢に伴い腎虚が多いが、局所の阻滞によって肌肉が痩せているのだから脾虚である。
またこの場合は着痺だから、重だるい痛みを訴える。

【お礼】向井陽子先生、先日ご指導いただいた理学検査が早速役に立ちました。
ありがとうございます。
また、向井先生に教えていただいたのですが、五十肩は正式には疼痛性関節制動症と言うらしいです。
勉強になりました。
補瀉のテクニック↑
宮脇奇経治療↑
共にここで学べます↑

鍼灸師の鍼灸師による鍼灸師のためのOWND ONE

鍼灸にはあらゆる流派や様式が在ります。 この多様性が日本鍼灸の優秀性のひとつだと感じています。 各流派に優劣は在りません。 それぞれに素晴らしい学術があり、互いに切磋琢磨する間柄です。 流派は違えど、患者を病苦から救うという同じ使命を持った鍼灸師に違いはありません。 元々1つです。 互いを認め高めあい、上工に成れるように、願いを込めてこの名前を付けました。 どうぞ、よろしくお願いします。