急性の腹痛と嘔吐

お正月休み真っ只中、治療室の片付けをし始めた矢先、妻からの着信?!
5歳の娘が突然お腹が痛いと言い出し吐いたとのことで帰宅。
顔面の気色は脾色抜け。
舌質淡白、舌苔薄白。
脉状は浮・数・堅。

取り敢えず脾虚と診て、小里てい鍼で右陰陵泉と右曲沢を補う。
これが本治法。
全身に気を巡らすように小児はり。
最後に左陽池に止め鍼をして終了。
しばらくすると昼寝をしだした。
昼寝から覚めてもう一度吐く。
少しスッキリした様子。
まだもう少しお腹がへんと言うので奇経治療。
左内関-右公孫に10壮-6壮で無熱灸。
&金銀粒貼付。
うつ伏せにして右七椎下脊際に金粒貼付。
直後元気になったのかスマホでYouTubeを見だした。
経絡治療とは、正経のみならず奇経を始め全ての経絡系統の調整を指します。
特に奇経治療は即効性があって重宝しています。

経絡治療については以下を参照してください。
奇経治療については以下を参照してください。
著書もお薦めです。
経絡治療と奇経治療に興味がある方にはこんなのがあります。
無熱灸については以下を参照してください。
痛くない鍼と熱くないお灸による経絡治療のお陰で子供たちも怖がらずに治療を受けてくれます。

鍼灸師の鍼灸師による鍼灸師のためのOWND ONE

鍼灸にはあらゆる流派や様式が在ります。 この多様性が日本鍼灸の優秀性のひとつだと感じています。 各流派に優劣は在りません。 それぞれに素晴らしい学術があり、互いに切磋琢磨する間柄です。 流派は違えど、患者を病苦から救うという同じ使命を持った鍼灸師に違いはありません。 元々1つです。 互いを認め高めあい、上工に成れるように、願いを込めてこの名前を付けました。 どうぞ、よろしくお願いします。