病膏肓に入る

心臓の下と横隔膜の上の部分。
身体の最も内側で薬も鍼も届かず病気の治しにくいところ。
胸部と腹部の間。

「膏」
白いあぶら肉のある心臓の下部。

「肓」
身体の内部のよく見えない場所。
横隔膜の上の隠れた部分。

膏の原は鳩尾。
肓の原は気海。
その兪は膏肓

ONE

鍼灸にはあらゆる流派や様式が在ります。 この多様性が日本鍼灸の優秀性のひとつだと感じています。 各流派に優劣は在りません。 それぞれに素晴らしい学術があり、互いに切磋琢磨する間柄です。 流派は違えど、患者を病苦から救うという同じ使命を持った鍼灸師に違いはありません。 元々1つです。 互いを認め高めあい、上工に成れるように、願いを込めてこの名前を付けました。 どうぞ、よろしくお願いします。