頭皮腫瘍の鍼灸治療

◎症例
■患者 80歳代男性
■現病歴 数年前から頭皮に凸凹があり皮膚科では頭皮の腫瘍とのこと。
あの手この手を尽くしたがいっこうによくならない。
生検では良性。
痒くも痛くもないがとにかく気になって仕方がないので何とかならないかとのこと。
◎脉作りの臨床における基盤作り
■Tポイントの外虚内実・外実内虚を異種金属の柳下てい鍼で調整。
■左脈会→右脈会を柳下てい鍼金メッキで補う。

◎診察診断。
■腹診
腎虚、肺虚、脾実、心実、肝平。
■脉状診
浮・数・虚。
■比較脉診
腎虚、肺虚、脾実、心実、肝平。
■証決定
腎虚証。
■適応側
病症に偏りなく男性であるため左側。

◎治療
■本治法
□銀鍼1寸3分1番鍼にて左復溜に補法→検脉すると腎は充実した。
□依然肺が虚しているので左尺沢に補法→検脉すると肺は充実した。
相剋の脾と心の実は治まった。
□陽経を診ると右尺中浮かして三焦の脉位に虚性の邪を触れるのでコバルト鍼1寸3分2番鍼にて三焦経を切経して最も邪が客している右四瀆に堅に応ずる補中の瀉法→邪がとれて脉が整う。
■標治法
◎経過
このような治療を継続してかなり頭皮の凸凹が平らになってきた。
現在継続治療中。

鍼灸師の鍼灸師による鍼灸師のためのOWND ONE

鍼灸にはあらゆる流派や様式が在ります。 この多様性が日本鍼灸の優秀性のひとつだと感じています。 各流派に優劣は在りません。 それぞれに素晴らしい学術があり、互いに切磋琢磨する間柄です。 流派は違えど、患者を病苦から救うという同じ使命を持った鍼灸師に違いはありません。 元々1つです。 互いを認め高めあい、上工に成れるように、願いを込めてこの名前を付けました。 どうぞ、よろしくお願いします。