697581

扁鵲(秦越人)と難経
稀代の名医、扁鵲(秦越人)は、『難経』にて、命門は生気の原であると、医道の奥旨に達しています。
そして、その盛衰を三焦で捉え、五臓を原とする主たる変動経絡の虚実を弁え、補瀉調整し、生命力の強化をはかることを鍼灸治療の本道としました。
これを為さんがために編み出されたのが、六十九難、七十五難、八十一難の治療法則であり、この千古不滅の大原則が、脉作りの臨床を可能たらしめます。

六十九難曰.
經言.

虚者補之.實者瀉之.不虚不實以經取之.何謂也.

然.

虚者補其母.

實者瀉其子.當先補之.然後瀉之.

不實不虚.以經取之者.是正經自生病.不中他邪也.當自取其經.故言以經取之.


◆七十五難曰.

經言.

東方實.西方虚.瀉南方.補北方.何謂也.

然.

金木水火土.當更相平.

東方木也.西方金也.

木欲實.金當平之.

火欲實.水當平之.

土欲實.木當平之.

金欲實.火當平之.

水欲實.土當平之.

東方肝也.則知肝實.

西方肺也.則知肺虚.

瀉南方火.補北方水.

南方火.火者木之子也.

北方水.水者木之母也.

水勝火.子能令母實.母能令子虚.故瀉火補水.欲令金不得平木也.

經曰.

不能治其虚.何問其餘.

此之謂也.


◆八十一難曰.

經言.

無實實虚虚.損不足而益有餘.

是寸口脉耶.

將病自有虚實耶.

其損益奈何.

然.

是病非謂寸口脉也.

謂病自有虚實也.

假令肝實而肺虚.肝者木也.肺者金也.金木當更相平.當知金平木.

假令肺實而肝虚微少氣.用鍼不補其肝.而反重實其肺.故曰實實虚虚.損不足而益有餘.

此者中工之所害也.


以下に基本脉型を記します。
基本脉型と治療法則
☑69難型 
適応側の肺脾補、反対側の肝瀉。
☑75難型 
適応側の腎補、同側の心または肝瀉。
☑69難型 
適応側の肝腎補、反対側の脾瀉。
☑75難型 
適応側の心補、同側の肺または脾瀉。
☑69難型 
適応側の脾心補、反対側の腎瀉。
☑75難型 
適応側の肺補、同側の肝または腎瀉。
☑69難型 
適応側の腎肺補、反対側の心瀉。
☑75難型 
適応側の肝補、同側の脾または心瀉。
☑69難型 
適応側の心肝補、反対側の肺瀉。
☑75難型 
適応側の脾補、同側の腎または肺瀉。
適応側の肝腎補、反対側の肺瀉。
適応側の肺脾補、反対側の心瀉。
適応側の心肝補、反対側の腎瀉。
適応側の腎肺補、反対側の脾瀉。
適応側の脾心補、反対側の肝瀉。

難経解説書

鍼灸師の鍼灸師による鍼灸師のためのOWND ONE

鍼灸にはあらゆる流派や様式が在ります。 この多様性が日本鍼灸の優秀性のひとつだと感じています。 各流派に優劣は在りません。 それぞれに素晴らしい学術があり、互いに切磋琢磨する間柄です。 流派は違えど、患者を病苦から救うという同じ使命を持った鍼灸師に違いはありません。 元々1つです。 互いを認め高めあい、上工に成れるように、願いを込めてこの名前を付けました。 どうぞ、よろしくお願いします。