抗精子抗体(ASA)の患者さんが鍼灸治療で自然妊娠した症例

抗精子抗体(anti-sperm antibody:以下ASA)の患者さんが経絡治療によって自然妊娠することができた症例を報告させていただきます。
ASAとは
精子をアレルギー(外敵)と誤認して攻撃してしまう自己免疫疾患です。

一般社団法人日本生殖医学会|一般のみなさまへ - 不妊症Q&A:Q4.不妊症の原因にはどういうものがありますか?

妊娠が成立するためには、卵子と精子が出会い、受精して着床するまで、多くの条件がそろう必要が有ります。そのため、不妊症の原因は、多くの因子が重複していたり、逆に検査をしても、どこにも明らかな不妊の原因が見つからない原因不明のものもあります。  ここでは、女性、男性それぞれで認められる不妊の原因をご紹介します。1)女性の不妊症の原因 女性の不妊症の原因には、排卵因子(排卵障害)、卵管因子(閉塞、狭窄、癒着)、子宮因子(子宮筋腫、子宮内膜ポリープ、先天奇形)、頸管因子(子宮頸管炎、子宮頸管からの粘液分泌異常など)、免疫因子(抗精子抗体など)などがあります。このうち排卵因子、卵管因子に男性不因子を加えた3つは頻度が高く、不妊症の3大原因と言われています。女性側の不妊原因を図1に示しました。これらを順に説明していきます。(1)排卵因子  月経周期が25日~38日型で、基礎体温が二相性の場合は心配ありませんが、これにあてはまらない方(月経不順)は、排卵障害の可能性が有るので、産婦人科医にご相談下さい。  排卵障害の原因は様々ですが、プロラクチンという乳汁を分泌させるホルモンの分泌亢進による高プロラクチン血症によるものや、男性ホルモンの分泌亢進を特徴とする多嚢胞性卵巣症候群によるものがあります。その他、環境の変化等に伴う大きな精神的ストレス、あるいは短期間に大幅なダイエットに成功した場合にも月経不順をきたし、不妊症になります。  日本人の女性は45歳から56歳の間に閉経を迎えますが、まれに20歳台や30歳台にもかかわらず卵巣機能が極端に低下し無排卵に陥る早発卵巣不全も不妊症の原因になります。(2)卵管因子  性器クラミジア感染症は、卵管の閉塞や、卵管周囲の癒着によって卵管に卵子が取り込まれにくくなるために不妊症になります。とくに女性ではクラミジアにかかっても無症状のことが多く、感染に気づかないことがあります。  虫垂炎など骨盤内の手術を受けた経験がある方にも、卵管周囲の癒着をきたしていることがあります。また月経痛が徐々に悪化し、鎮痛剤の使用量が増えている方は子宮内膜症の疑いがありますが、この子宮内膜症の方の中に、卵管周囲の癒着がみつかることもあります。(3)子宮因子  月経量が多く、血液検査で貧血を指摘された方は子宮筋腫、中でも子宮の内側へ隆起する粘膜下筋腫の疑いがあります。粘膜

www.jsrm.or.jp

症例
☑患者 40代女性。
☑初診 2017年。
☑随伴症状 疲れやすい。ぐっすり寝ても眠たい。肩こり。股関節痛。側彎。手足の冷え(冬には霜焼け)。花粉症。蓄膿。胃腸が弱い。下痢しやすい(渋り便)。イボ痔。
☑脉状診 浮、数、虚、硬。
☑比較脉診 肝腎虚、肺脾実、心平。
☑経絡腹診 肝腎虚、肺脾実、心平。
☑病症の経絡的弁別 疲れやすい、ぐっすり寝ても眠たい(肝は罷極の本。罷極とは疲労に関係すること。)、股関節痛、手足の冷え(肝は四極の本。四極とは四肢のこと。)、花粉症(肝陽上亢)は肝木経の変動。側彎(腎は骨髄を主る)、下痢しやすい(渋り便)(腎は二陰を主り、二陰とは生殖器と肛門で、下痢には痢病と泄瀉があり渋り腹は痢病で腎虚。別名裏急後重。)は腎水経の変動。肩こり(肺は臓腑の華蓋で五臓の最上に位置し肩は天の部である。)、蓄膿(鼻は肺の外候)、イボ痔(肛門を魄門という。魄は肺に宿る神気。)は肺金経の変動。胃腸が弱い(脾は運化すなわち消化吸収排泄を主る。)のは脾土経の変動。
☑証決定 以上を総合的に判断して肝虚陽虚証とした。
☑適応側 病症に偏りなく女性であるため右とした。また右足の三陰三陽は気の栓を閉め、気を上昇させ、気血を興奮させる作用がある。
☑本治法 気に敏感な患者のため、刺さない鍼を使用。
てい鍼で右曲泉、右陰谷に補法。左陰陵泉、右豊隆を圓鍼で瀉法。
☑補助療法 
✅宮脇奇経治療 奇経腹診より、陰蹻脈
と足陽明脉。照海-列缺と陥谷-合谷にテスターを貼り、腹部所見が変化するのを確認した後、主穴に金粒、従穴に銀粒を貼付。
セルフケアとして自宅でその上からドライヤー灸5壮-3壮を朝晩するように指導。
✅古野式経絡骨盤調整療法 ①股関節横紋外端の圧痛硬結と、②上前腸骨棘下内方の圧痛硬結をてい鍼で補う。
☑標治法 全身の気血を流すようにドーゼに気をつけて阻滞を疏通。
☑止め鍼 脉状、お腹の艶、主訴愁訴の変化を確認して、①中脘穴、非適応側の天枢、適応側の天枢、下腹部の最陥凹部(火曳きの鍼)に補鍼(これらをするとドーゼ多少を調整してくれる)。
②百会から2~3㍉左斜め後ろの凹みに補鍼(これをすると次回まで治療効果を保存できる。ドラクエでいうセーブ)。
☑経過 
✅このような治療を基本として週に1度の間隔で継続治療を行い、2年後に自然妊娠(特にクリニックには通っていない)。
✅証はほぼ肝虚陽虚証。時々腎虚や脾虚になることもあった。
湿痰の影響している時は脾に病実となって現れるので、陰陵泉や地機や公孫から瀉法を行った。
✅選穴も病体に応じて、太衝や中封や行間に適宜変更。
✅その時々の不定愁訴に合わせて、奇経を変更したり、標治法を使った。
例えば、
✔霜焼けになった時は、井穴刺絡をしたり局所に瀉的散鍼。
✔下痢が酷い時は、左曲池の1㍉上の圧痛硬結に知熱灸7壮。
✔イボ痔が出たときは、任脉の変法で孔最-照海。
✅治療開始から1年後には花粉症が出なくなる。
✅その間、乳管内乳頭腫、大腸憩室炎、めまい等に罹患するも、治療して軽快。
✅初診時の症状も改善し妊娠に至る。

☑考察
本来、肝虚証体質者(自邪)は妊娠しやすい。
これは『医心方』を勉強していただけると理解できる。
不妊症の大体が腎虚証になっている。
これはわりかし治しやすい。
肝と腎は相生関係(虚邪)にあるからだ。
現す証(現在の体質、病因病理)が、腎から反時計回りに外れていくと治しにくくなってくる。
肺虚証は肝に対して相剋関係(賊邪)、脾虚証は相剋関係(微邪、75難)、心虚証は相生関係にあるが五邪では実邪になる。またうつ病を患っている方が多い。

ただし、本症例のように、肝虚証であっても陽虚や気虚になってくると、肝虚陰虚証に比べて生命力が低下するため、肝虚体質者であっても時間がかかる。

このように、経絡治療では五臓を原とする主たる変動経絡の虚実を弁え補瀉調整し生命力を強化し、妊娠しにくい体質から妊娠しやすい体質に改善していく。

その指標となるのが、体表観察初見だ。
脉、お腹、皮膚の艶、気色などが、治療して良くなれば良い。
特にリアルタイムでその良否を教えてくれるのが脉状である。

“脉が変われば体が変わる”

病脉から平脉に近づける。
平脉とは、強くて柔らかくて締まりのある脉。
強さ=硬さではない。
むしろ硬いは脆い。
柔らかさ=軟らかさではない。
軟らかいは力なく弱い。
締まり=細いではない。
細いは生気に乏しい。
強さとは弾力であり、柔らかさとはしなやかさであり、締まりあるとはあくまで脉幅があって輪郭が鮮明で引き締まった脉であり、このような和緩を帯びた脉を平脉とする。
ただし、平脉に当てはめるのではなく、患者の素因脉を考慮した健康脉に作り替える作業を、「脉作りの臨床」とする。
ASAの病因病理
先にも書いたように精子に対するアレルギー反応である。
なぜ、精子を外敵と誤認するのか?
結論は「肝魂」の暴走である。

異常を知るためには正常を知る必要がある。
肝の生理を整理しよう。

肝は五行では、「木」に属す。
木は地上に枝を伸ばし葉を生い茂らせ、地下に根をはる。
このような働きを木とし、人体では肝とする。
四方八方に気血を伸び伸びと巡らせる働きと考えればいい。

  • 疏泄
そうして、目的地に向かって筋道を作って真っ直ぐと気血を届け、あらゆる細胞、組織、器官、臓腑、経絡、四肢、百骸を潤し養い活動力を与える働きを、「疏泄」とする。

  • 将軍の官謀慮出ず
疏泄は日夜行われているが、むやみやたらに行われていない。
必要な場所に必要な分だけ気血が疏泄されている。
近隣諸国から攻めこまれたり、大規模災害か発災した際に、その最前線の状況を見極めて有事に対応する一国の将のようであり、深い考えによって援軍や物資を調達するように気血を巡らすので肝は、「将軍の官謀慮出ず」と言われるのである。

さらに驚くことにこれらの働きは無意識に執り行われている。
これを、「魂」とする。
例えば風邪を引いたとする。
喉が腫れて熱が出る。
これは、上気道に侵入した菌やウイルスを撃退するために、喉に白血球が集まって腫れて炎症し、その結果熱が出て癒えていくのである。
別の言い方をすれば、侵入してきた風邪に対して、気血を疏泄して邪正抗争を引き起こしているのである。
これを魂とし、魂は肝臓に宿る神気であるため、合わせて、「肝魂」とする。
肝魂は正しく免疫である。

このような、木、疏泄、将軍の官謀慮出ず、魂といった働きの総称が肝臓である。

この超免疫機構、肝魂によって内外の外敵に蝕まれることなく健康でいられるのである。
では、この常は体の内外を栄養し、外敵にさらされた際には防衛してくれる超免疫機構である肝魂が、外敵が侵入していないにも関わらず侵入されたと誤って正常な細胞に気血を疏泄して攻撃したらどうなるか?

皮膚を攻撃したらアトピー。
毛髪を攻撃したら脱毛症。
血管を攻撃したら各種出血病。
筋肉を攻撃したら繊維筋痛症。
関節を攻撃したら膠原病。
骨を攻撃したらリウマチ。
腸を攻撃したらクローン病や過敏性腸症候群。
本来花粉は人体には無害であるのに有害と誤認して目や鼻の粘膜を攻撃するからかゆみや鼻炎が起こる。
そして、肝魂が子宮に誤って疏泄すると、精子を外敵と誤認して攻撃し、結果不妊症を引き起こすのである。

膠原病や自己免疫疾患やアレルギー疾患と同じく、肝魂の暴走こそがASAの病因病理である。
さてそれでは、肝魂が暴走するのはなぜか?
ここまでが大きな前フリで、ここからが本稿のメインである。
神に従い往来するのが魂
聖典『霊枢』本神篇に出てくる一説である。
この文言に全てが集約されている。

「神」は心臓に宿る神気。
「魂」は先程来より肝臓に宿る神気。
「心神」と「肝魂」。
これ如何に?(後述)。
解き明かす前に本神篇を見てみたい。
霊枢・本神篇
  1. 天が人に与えたものが「徳」
  2. 地が人に与えたものが「気」
  3. 徳と気が交流するものが「生」
  4. 生を発現させるものが「精」
  5. 二つの精が結合したものが「神」
  6. 神に従って往来するものを「魂」
  7. 精と並んで出入するものを「魄」
  8. 物を取り扱う所以となるものを「心」
  9. 心にあるおもいを「意」
  10. 意を保持するものを「志」
  11. 志にもとづいて保持したり変化させたりするものを「思」
  12. 思にもとづいて遠くを追求するものを「慮」
  13. 慮にもとづいて物を処理するのを「智」
精に並びて出入するのが魄
先ずはこれから始めよう。
「精」とは腎臓に宿る神気。
「魄」とは肺臓に宿る神気。
「腎精」と「肺魄」。

精とは、父母から授かりし、「先天の精(原気)」と、水穀の精微(飲食物)と天空の清気(酸素)から摂り入れ抽出する、「後天の精(原気)」。

その精に並びて出入するのが魄と言っているが、先天の精はむやみやたらに出入しないが、後天の精は摂取と排泄でよく出入するように、
Q.それと同じく人の体に出たり入ったりするものとは何か?
A.五官。

五官とは、視覚、臭覚、味覚、触覚、聴覚。

外界から様々な刺激を取り入れる働きを魄とし、これを肺が主る。
肺は皮毛を主ることにより、体表に肺魄が配置され、私たちはこの超高性能センサーを生まれながらにして搭載しているお陰で、視たり、嗅いだり、味わったり、触り分けたり、聴くことができるのである。
物を取り扱う所以となるものを心
そうして、取り入れた外界の様々な刺激や情報は、即座に心に送られて認識する。
現代医学では脳となるが、東洋医学ではこころで認識するとある。

9~13は、肺魄~心までの思考回路、処理、認識の過程の詳細な解説である。
意→志→思→慮→智と経て、それを認識する。
目に写った景色にカラーを、耳に聴こえた音色に高低清濁をつける。
そして、それに対して感情が生まれる。
自我、自意識の芽生えである。
これを心神とする。
つまり心神とは自意識である。
これには大きく2つある。

好きか嫌いか。

好きとは良好な感情。
嫌いとは悪嫌な感情。

良好な感情は身心によい影響を与える。
嫌悪な感情は身心によくない影響を与える。

何故か?
太陽と木々
自然に力を借りて。

木々の成長は陽の光りに左右される。
東に照らされれば南に伸び、西に照らされれば西に伸びる。

これら大宇宙の縮図が小宇宙である人体である。
人体では心が太陽であり、肝が木々である。
心の太陽である心神が輝けば、木々がすくすくと育つように肝魂は正しく発揮される。

心神が曇れば、肝魂も曇る。

なぜなら、神に従い往来するのが魂であるからだ。

つまり、自意識の在り方によって無意識の発現の仕方が違ってくるのである。

良好な感情を抱けば、心神が輝き、心は君主の官として神明を出し、肝将軍は謀慮して、木々を伸び伸びと伸ばすように、筋道を立てて真っ直ぐに目的地に向かって気血を疏泄し、超免疫機構肝魂を発動し、全身のあらゆる細胞、組織、器官、臓腑、経絡、四肢、百骸を潤し養い活動力を与え、内外の外敵から身を守ってくれる。

一方嫌悪な感情を抱けば、心神が曇り、心は暴君に成り果て、暴君の元、肝将軍は狂将軍に成り下がり、謀慮せず闇雲に気血を疏泄して、誤った肝魂は暴走し正常な細胞を傷つける。

心神を曇らす感情の起伏を「七情の乱れ」とする。
怒、喜、思、憂、悲、恐、驚。
現代ではストレスという。

これが肝魂が暴走する原因である。
故に、ストレスは最強の外邪である。

アレルギー疾患、膠原病、自己免疫疾患、あるいは癌までを含めて、これらの病の原因は肝魂の暴走であり、それは心神が曇るからである。

ASAもである。
心神と肝魂とか、メンタル鍼灸について詳しくお知りになりたい方は、以前にまとめた以下の記事をご覧になってください。
おわりに
生殖補助医療は神様の医療技術のように思われているが、着床率は決して高くない。
性差、年齢別にもよるが、ざっくり言って着床率は20%、つまり5人に1人の確率でしかない。
なぜか?
患者の体質が考慮されていないからである。
妊娠しやすい体質と妊娠しにくい体質の違い。
着床した20%の1/5の方々は、まだ妊娠しやすい体質だったから着床したわけであり、着床しなかった80%の4/5の方々は、妊娠しにくい体質だったから着床しないのである。
幾ら高度な生殖補助医療を施したところで妊娠しにくい体質を改善していなければ着床しにくいままである。
自然妊娠できれば一番いいが、晩婚化、晩産化で始めから生殖補助医療に臨まれる方も少なくない。
どうか、妊娠しにくい体質を鍼灸治療で妊娠しやすい体質に変えてから臨んでいただきたいと切に願うばかりである。

一般社団法人日本生殖医学会|一般のみなさまへ - 不妊症Q&A:Q11.生殖補助医療にはどんな種類があり、どこに行くと受けられますか?

生殖補助医療(ART)とは、体外受精をはじめとする、近年進歩した新たな不妊治療法を指します。1)生殖補助医療の種類(1)体外受精・胚移植(IVF-ET)  採卵により未受精卵を体外に取り出し、精子と共存させる(媒精)ことにより得られた受精卵を、数日培養後、子宮に移植する(胚移植)治療法です。最初は卵管の障害が原因の不妊治療に用いられてきましたが、現在はその他の不妊原因の治療としても使われています。(2)顕微授精(卵細胞質内精子注入法、ICSI)  体外受精では受精が起こらない男性不妊の治療のため、卵子の中に細い針を用いて、精子を1匹だけ人工的に入れる治療法です。(3)凍結胚・融解移植  体外受精を行った時に、得られた胚を凍らせてとっておき、その胚をとかして移植することにより、身体に負担のかかる採卵を避けながら、効率的に妊娠の機会を増やすことができます。移植する胚の数を1つにしておけば、多胎妊娠となるリスクを減らすことができます。2)生殖補助医療を受けるための施設 生殖補助医療が始まった1980年代は、この治療をおこなえるのは大学病院や、大病院のような先端的な医療が可能な施設のみでした。しかし、技術が安定し、培養のための器具や試薬が一般化したことから、現在わが国においては、全国のどこの病院やART専門クリニックで治療を受けても、大きな違いがないレベルまで不妊治療は発展してきています。  日本産科婦人科学会では、生殖補助医療を行っている施設(生殖医療登録施設)の一覧を毎年発表しています(http://www.jsog.or.jp/public/shisetu_number/)。また、日本生殖医学会では、生殖医療を専門医とし資格を持つ医師(生殖医療専門医)を認定しています。 生殖医療専門医制度 認定者一覧印刷用PDFのダウンロード(PDF 263KB)©一般社団法人日本生殖医学会 掲載されている情報、写真、イラストなど文字・画像等のコンテンツの著作権は日本生殖医学会に帰属します。本内容の転用・複製・転載・頒布・切除・販売することは一切禁じます。〒102-8481 東京都千代田区麹町5-1 弘済会館6階 TEL:03-3288-7266 FAX:03-5216-5552 E-mail:info@jsrm.or.jp (業務時間:平日9時30分-17時30分) お問い合わせプ

www.jsrm.or.jp

と同時に私たち鍼灸師も、妊娠しやすい体質に変えられる実力を身に付けなければならない。
鍼灸の学と術は、一朝一夕には身につかないのがもどかしいが、どうか目先の利益に走らずに、思い切って鍼灸道に突き進んでいただきたい。
そう、いつか誰かを救えるように。
「妊鍼」について以前にまとめた記事がありますので参考にしてください。
よろしければついでに安産灸もどうぞ。

ONE

鍼灸にはあらゆる流派や様式が在ります。 この多様性が日本鍼灸の優秀性のひとつだと 感じています。 各流派に優劣は在りません。 それぞれに素晴らしい学術があり、 互いに切磋琢磨する間柄です。 流派は違えど、患者を病苦から救うという同じ使命を持った鍼灸師に違いはありません。 元々1つです。 互いを認め高めあい、上工に成れるように、 願いを込めてこの名前を付けました。 どうぞ、よろしくお願いします。