八卦皮内鍼法

基礎理論
局所の腫れ痛みは中が実になっています。
当然押すと痛いです。
これを内実とします。
中が実ということは表面が虚です。
これを外虚とします。
皮内鍼を止めることで表面の虚が補われ中の実が中和されます。
外虚を補えば内実を瀉せます。
この陰陽虚実の考えを応用して局所の消炎鎮痛をはかります。

適応疾患
捻挫、骨折、乳腺炎、虫垂炎、大腸憩室炎など。
やり方
  1. 局所の最圧痛点を探す。
  2. 皮内鍼を上下左右斜めの八方向から止め、どの方向から止めると圧痛が和らぐかを確認する。①先ず上⬆下⬇で比べる②次いで左⬅右➡で比べる③上下の勝者と左右の勝者で比べる④最後にその勝者と斜め↖↗↘↙を比べる⑤止める方角を決定する。
  3. 枕を置く。
  4. 皮内鍼を止める。
  5. 毛布を掛ける。
  6. その上から知熱灸3~5壮(時間がなければやらなくてもよい)。
  7. 施灸後、布団をかけて固定する。
注意
皮内鍼は刺すのではなく沿わせて止めます。
皮内鍼の鍼先を水平に当て、反対側の指で皮膚を引っ張って放すと、その勢いで鍼先が止まるのに十分な分だけ皮膚に進みます。
以下の動画を確認してください。
効かせるコツ
皮内鍼は方向が命です。
八方向から仮止めして最も鎮痛できる方角を確認してください。
症例

ONE

鍼灸にはあらゆる流派や様式が在ります。 この多様性が日本鍼灸の優秀性のひとつだと 感じています。 各流派に優劣は在りません。 それぞれに素晴らしい学術があり、 互いに切磋琢磨する間柄です。 流派は違えど、患者を病苦から救うという同じ使命を持った鍼灸師に違いはありません。 元々1つです。 互いを認め高めあい、上工に成れるように、 願いを込めてこの名前を付けました。 どうぞ、よろしくお願いします。