治療できない患者?治療してはいけない患者?

息子さんに連れられて来院した患者。
どこか様子がおかしい。
問診にも思うように答えてくれない。
☑患者 60代女性。
☑主訴 胸と右の背中が痛い。
☑現病歴 2ヶ月ほど前に突如、胸と背中の痛みを発症。
医療機関では原因がわからないとのこと。
痛みは朝に起こることが多い。
刺すような痛み。
☑既往歴 数ヵ月前に大腸がんで手術入院。
☑愁訴 特にわからない。
☑経絡腹診 脾心虚、肝腎実、肺平。
☑脉状診 浮、数、実。とても硬い。
☑比較脉診 脾心虚、肝腎実、肺平。
☑証決定 脾虚証。
☑適応側の判定 真ん中~右側が痛むので、左。

ということで、左の太白に鍼をしようとすると、突然起き上がって逃げるようにベッドから降りようとしたので、「どうされましたか?」と聞くと、鍼は怖いから止めてほしいとのこと。

《ははーん》とピンときたが、少し様子を見ようと思い、「わかりました。それでは刺さない鍼もありますので、それならどうですか?」と聞くと、よさそうなので、もう一度寝てもらって、左太白をてい鍼で補う。

検脉しようとすると、また起き上がってきて、「もう、痛くなくなったのでいいです。」と言ってまたベッドから降りようする。

気づいた方もおられると思いますが、息子さんに無理矢理連れてこられたのでしょう。
もちろん確認はしていませんが…。
ですから、刺す刺さないに関係なく鍼やお灸が怖くて受けたくないのです。
道中もあわせ、診察中は怖くて怖くてたまらなかったと思います。

一応、「脉だけ確認させてください」と言って、ベッドに横になってもらって確認したふりをして、また息子さんにはお母さんに鍼をしたふりをして、わからないように終わりました。

受付では、「気分が向いたときに、よかったらまたいらしてください。」として、一応の病気の原因、体の状態をお伝えして、次の予約は取らずに気分よく帰っていただきました。

胸の痛みは精神的なものでしょう。
大病もしているし、何より独り暮らしというのも、不安に拍車をかけていると思われます。

そんなわけで、優しい息子さんはどうしても連れて来たかったのだと思います。
ですが、古医書にもあるように、受けたくない人に治療をしても効果がないし、それどころか事故になってもいけないので、このような判断をしました。

そして、こういう考えられない行動をするのは神の異常です。
今回の場合は、腎実です。
恐れ驚きは腎の生理的な感情ですが、虚実があります。
同じ恐れでも腎虚の人は腰を抜かします→陰。
腎実の人はいてもたってもいられず逃げ出します→陽。
柳下登志夫先生が仰っておられた、五臓における精神の虚実を以下の表にまとめましたので、ご覧になってください。

ONE

鍼灸にはあらゆる流派や様式が在ります。 この多様性が日本鍼灸の優秀性のひとつだと 感じています。 各流派に優劣は在りません。 それぞれに素晴らしい学術があり、 互いに切磋琢磨する間柄です。 流派は違えど、患者を病苦から救うという同じ使命を持った鍼灸師に違いはありません。 元々1つです。 互いを認め高めあい、上工に成れるように、 願いを込めてこの名前を付けました。 どうぞ、よろしくお願いします。