言語障害×嚥下障害の鍼灸治療

診察診断
先ず舌診します。
この病の患者さんは必ず舌歪します。

舌歪した側と反対側の公孫-内関か内関-公孫に奇経テスターを貼ります。

衝脉か陰維脉かは宮脇奇経腹診®で鑑別します。

鑑別した奇経にテスターを貼ってもう一度舌診すると、即座に真っ直ぐに改善されます。

これをもって正解とします。

概要は動画をご覧になってください。
治療
  1. 奇経灸
  2. 金銀粒貼付
普通の艾で施灸する場合は主穴に5壮、従穴に3壮か3壮-2壮。
筆者は知熱灸で5壮-3壮、お灸が怖い患者や小児には無熱灸で10壮-6壮します。

主穴に金粒、従穴に銀粒を貼付します。

実際の治療は以下の動画をご覧になってください。
セルフケア
自宅で金銀粒を貼付し、貼り替えてもらいます。
その上からドライヤー灸を5壮-3壮で朝昼晩、朝晩施灸していただきます。

ドライヤー灸のやり方は以下の動画をご覧になってください。
予後
このような治療を重ねると段々と症状がよくなってきます。
適応疾患
  • 失語症
  • 高次脳機能障害
  • 言語発達障害
  • 誤嚥性肺炎
舌の東洋医学
以前に投稿した記事をご覧になってください。

ONE

鍼灸にはあらゆる流派や様式が在ります。 この多様性が日本鍼灸の優秀性のひとつだと 感じています。 各流派に優劣は在りません。 それぞれに素晴らしい学術があり、 互いに切磋琢磨する間柄です。 流派は違えど、患者を病苦から救うという同じ使命を持った鍼灸師に違いはありません。 元々1つです。 互いを認め高めあい、上工に成れるように、 願いを込めてこの名前を付けました。 どうぞ、よろしくお願いします。