仕事論

働くために生活する
ん?

となった方も多いかと思います。
世間一般的には「生活する(食う)ために働く」だと思います。
何の異論もないのですが、後に続けてみてください。
生活するために“働くために生活する”

仕事で最高のパフォーマンスを発揮するためには、最高のコンディションで臨みたいものです。
そのためにはどのように生活するかが大切です。
「寝る間を惜しんで」とか「休みの日も働いた」とかは、聞こえはいいですが、適切な休息や休養をとらなければ、本来のパフォーマンスを発揮できなくなります。
私たち鍼灸師は、多様性に富んだ病苦と対峙するために、常にベストの状態で臨まなければなりません。
1日無理をしたために、翌日のパフォーマンスが低下するようでは、結局患者さんに迷惑をかけてしまいます。
ダイエットなどもそうです。
治療家は特にエネルギーが必要です。
食べることはとっても大切です。
見た目のために食事制限してエネルギー不足になれば、やはり本来効くはずの治療も効かなくなってしまいます。
臨床で最高のパフォーマンスを発揮できるように、ベストコンディションを維持するためには、どうしたらいいかを考えてください。
だからこそ、生活するために働くのではなく、働くために生活するのです。
間違ってほしくないのは、節制するということではありません。
天職
仕事をするために生活するということですが、どうしてそこまでする必要があるのでしょう?
それは、仕事とは『天職』だからです。

天職とは、「自分に向いている仕事」、「自分がやりたい仕事」、「自分が好きな仕事」と思われがちですが、本来天職とは全く別の意味です。

天職とは、向き不向き、好き嫌い、やりがいがあるなしに関わらず、今現在与えられているお仕事を全て天職とします。
文字通り天から与えられた職です。

だから仕事は尊いのです。
職を持つことは大切なことなのです。
全力を尽くして働かなければならないのです。

天職とは、天が私たちに与えてくださった尊きお仕事です。
一生懸命働きましょう。
一生懸命、天職を全うしている人を天は見放しません。

天から与えられた職を持ち、お役目でも構いません。ベストの状態で臨み、最高のパフォーマンスを発揮して、一生懸命働けるように日々を過ごしてください。
働くために生活してください。

さすれば、朝は希望を持って目覚めることができ、昼間は懸命に働くことができ、夜は感謝と共に眠りにつくことができるでしょう。

ONE

鍼灸にはあらゆる流派や様式が在ります。 この多様性が日本鍼灸の優秀性のひとつだと 感じています。 各流派に優劣は在りません。 それぞれに素晴らしい学術があり、 互いに切磋琢磨する間柄です。 流派は違えど、患者を病苦から救うという同じ使命を持った鍼灸師に違いはありません。 元々1つです。 互いを認め高めあい、上工に成れるように、 願いを込めてこの名前を付けました。 どうぞ、よろしくお願いします。